『交通事故』で豊田市の整形外科・接骨院にかかるにあたっての流れ

文責:院長 柔道整復師 河村 毅

最終更新日:2020年09月03日

1.通院先を決めたら保険会社に連絡しましょう

 通院する整形外科・接骨院が決まったらまず相手方の保険会社の担当者に

〇〇整形外科・〇〇接骨院へ行きます」と連絡を入れましょう。

院の住所や電話番号をお手元にメモして連絡していただくとスムーズです。

その時に具体的にいつ行けるかのかも伝えた方が良いかと思います。

 そうすると保険会社の担当者からそれぞれの整形外科・接骨院へ

「〇〇さんという方がそちらへ行きますのでよろしくお願いします。」

と連絡が入りますので話がスムーズです。

 

2.まずは整形外科にかかりましょう

 『交通事故』後通院するにあたり、まずは整形外科へかかりましょう。

というのも、まずは整形外科で診断書を発行してもらう必要があるからです。

これは『交通事故』での負傷であることを証明するものとなります。

 通常レントゲンを撮影し骨に異常がないことを確認後、医師の問診・カウンセリング検査により負傷部位が決定します。

 この時注意する事としては、どんな些細なお体の症状でもしっかりと伝えましょう

納得いく施術を受けるためには、お体の痛み違和感など最初に正しく伝えることが大切です。

 

並行して接骨院にかかる場合は接骨院に連絡しましょう

 接骨院によって初診時電話で予約が必要な院や、特に予約の必要がなくそのまま行っても良い院とがあります。

 一般的に初診時は問診表にご記入後、問診・検査・カウンセリングの後

施術という流れになりますので少しお時間がかかります。

 ですので可能であれば予約を取った上で行かれた方がスムーズだと思います。

もちろんここでもお体の状態については、どこが痛いのかどこに違和感があるのか

気になる事はすべて伝えることが大切です。

PageTop